住宅ローンの本審査で落ちる確率は5%

岩手一戸建てのもう迷わないガイドブック

岩手一戸建てのもう迷わないガイドブックのメインimage

家を借りたい場合は、住宅ローンを利用すればいいと考える人も多いですが、本審査で落ちる確率は5%もあることを忘れてはいけません。誰でも借りれるものではありません。

住宅ローンの本審査で落ちる確率は5%

岩手で新築の家が欲しい、自分の城が欲しいと考える人は多いと思います。

できれば賃貸ではなくて、自分たちの自分たちだけの新居が欲しいと考える人も多いはずです。

でも、簡単に欲しいと思っていても購入できるものではないのが自分の家ではないかと思います。

何といっても、自分の家を手に入れるためにはお金がかかります。

それは中途半端な貯金では到底手が出ないくらいのお金です。

そうした場合に、多くの人が住宅ローンの存在に気づくのではないでしょうか。

住宅ローンを利用すれば、お金を借りて、自分の家を購入することができます。

けれど、一つ気を付けなくてはいけません。

なにかというと、この住宅ローンは誰でも利用で着るものではないということです。

住宅ローンを利用するためには、住宅ローンの審査に通らなくてはいけません。

この住宅ローンの審査というのはなかなか厄介な存在でもあります。

まず、住宅ローンの審査は2段階で行われます。

事前審査、そしてその後行われる本審査です。

住宅ローンの本審査で落ちる確率は5%といわれています。

事前審査で通っても住宅ローンの本審査で落ちる確率は5%もあるのです。

100人の人が住宅ローンの事前審査に通っていたとしても5人の人は本審査で落とされてしまいます。

もちろん、本審査に行く前の事前審査に通らない人も出てきます。

家を買うときは住宅ローンを利用すればいいと考えている人も多いとは思いますが、誰でも簡単にとおるものではない。

事前審査でも本審査でも落ちる確率があるということは忘れてはいけません。